BUILD WORKs(ビルドワークス)の画像1

会社名 株式会社ビルド・ワークス
所在地 京都府京都市左京区下鴨西林町28-2
電話番号 075-707-2223
代表者 小島広一
設立 1998年12月
資本金 25,000(千円)
事業内容 住宅の設計および施工
店舗の設計および施工
住宅リフォーム・リノベーション

おすすめポイント「100年後もこの町が誇る家を造る」をコンセプトに仕事を続ける住宅メーカー

ビルド・ワークスは、京都で家をつくる一級建築事務所・工務店です。一年を通した寒暖差を最低限に抑えるために、高断熱・高気密住宅を提案しています。

「歴史が息づく街で、歴史に残る家を建てたい」「よい家を建てたと思える家を建てたい」の2点を重視して設計を行っています。京都、滋賀、大阪の一部地域を対象エリアに設定しながらも、他県からの設計依頼が絶えないビルド・ワークスの、家づくりの意識の高さに注目します。

BUILD WORKs(ビルドワークス)の画像

BUILD WORKs(ビルドワークス)

「100年後もこの町が誇る家を造る」をコンセプトに仕事を続ける住宅メーカー

公式サイトで詳細を見る

BUILD WORKsの特徴①ビルド・ワークスが考えるよい家の5つのポイント

BUILD WORKsの画像2
ビルド・ワークスは、目に見えない部分まで考え抜いた5つのポイントから家づくりをしています。

第1:安心・安全であること

ビルド・ワークスは、構造計算に裏打ちされた強い耐震性を有するSE構法(重量木工の家)を採用し、家の強度と空間の自由度を両立させています。全棟構造計算と合わせて耐震シミュレーションをして、躯体が地震に耐えうる強度を持つことを施工前に確認しています。

第2:ライフスタイルの変化に柔軟に対応できること

子どもの人数や成長、両親との同居といったライフスタイルの変化は、家を建てるときにはどうなるか分かりません。SE構法は、内部空間の余計な柱や耐力壁を最小限に抑えられるため、ワンフロア1室の設計が可能です。

したがって、将来的な大きな間取り変更も容易です。不確定要素な部分を初めに作らず、汎用性が高いオープンな空間として建てられるので、初期費用も抑えられます。

第3:自然・社会との調和がとれること

太陽、風、雨、景観すべてと調和する家は、住宅の価値を向上させる大きなポイントです。日射については、発電や給湯に限らず、家の設計時に日射シミュレーションを行います。季節の日射を計算して、室温を快適にキープしつつ、室内への太陽光の取り込みを最大限に活かす設計をしてくれます。

第4:普遍的な素材を活用すること

多くの建築材料に古くからある自然素材の木や土を採用して、家全体にあたたかみを与えるのがビルド・ワークスの特徴です。自然素材は将来もなくならない材料であるため、家の修繕をする際に材料が手に入らないという心配はありません。子どもや孫へ引き継がれ、長い年月を生きる家にとって、普遍的な素材を活用して家を存続させていくことは当然だと考えています。

第5:美しくあること

ビルド・ワークスは、目に見える美しさを演出するには、目に見えない部分の「しごと」が重要であると考えています。丁寧なしごとによる細部の集まりこそが、美しい家づくりを支えるのです。デザインだけではなく、施工における細部にも配慮しながらしごとを積み重ねて、設計以上に美しく仕上げてくれます。

BUILD WORKs(ビルドワークス)の画像

BUILD WORKs(ビルドワークス)

「100年後もこの町が誇る家を造る」をコンセプトに仕事を続ける住宅メーカー

公式サイトで詳細を見る

BUILD WORKsの特徴②5つのデザインに基づいて多面的な視点から家づくり全体をデザインする

BUILD WORKsの画像3
ビルド・ワークスが提案と設計のステップで重視している思想が、5つのデザインです。概念や既存の形式にとらわれることなく、新しい「在り方」を築いていく意識が、家づくりに対するデザインアプローチです。ビルド・ワークスは5つのデザインに基づき、多面的な視点から、単なるモノとしての家ではなく、家づくり全体をデザインします。

安心と安全とデザインする

ビルド・ワークスは上述したSE構法をはじめとし、あらゆる角度から安心と安全をデサインしています。重量木骨の家は、建築中にビルド・ワークスに万が一の事態が発生した場合でも、責任を持って引き継ぐ会社を紹介して、工事費の増加分を保証し、工事再開から引き渡しまでを確約。また竣工後、3か月・1年・3年・5年・10年(以降5年ごと)に定期点検を行い、資産価値のある住まいの維持保全のサポートも徹底しています。

感性をデザインする

ビルド・ワークスは、過剰な主張をしない街に溶け込む和の趣を醸し出すデザインや、暮らす人の感性を具現化して反映させたデザイン、窓枠の段差やコンセントプラグなどの気づきにくい点まで疎かにしません。感性を設計に落とし込むデザインなどを意識して、住まう人に寄り添った住まいを実現してくれます。

地域特性をデザインする

敷地の個性を充分に理解しながら、周辺環境と調和した建物とするための計画を行います。そして、敷地の長所を最大限に活かしつつ、短所は利用することを考えます。建物で囲まれた土地や、敷地や間口が狭い場合でも、プラスに転換する提案をしてくれるのがビルド・ワークスです。

エネルギーをデザインする

ビルド・ワークスは設計において、断熱・換気・日射遮蔽・間取りと開口部の計画など、省エネルギーの観点から、建物本体の基本性能を高めます。そして、自然環境と上手に暮らすことを考えます。構造と同様に、あとから変えることのできない要素ほど大切にしています。

資産価値をデザインする

ビルド・ワークスは家の骨組みとなる、あとから変更ができない部分に配慮することを推奨しています。数世代にわたって住み継ぐことができる、資産価値の衰えない長期優良住宅仕様を前提にしています。

BUILD WORKsの特徴③設計と施工が常に連携する工務店としての強みも持っている

BUILD WORKsの画像4
ビルド・ワークスは、設計士と現場監督は常に社内や現場でコミュニケーションを取るのが当たり前のスタイルで家づくりをしています。顧客とともに積み上げた理想の設計を、現実に落とし込む職人たちが忠実に、丁寧に組み上げていくことで、理想の家づくりを社内の緊密な連携によって可能にしています。

また、職人はすべてビルド・ワークスの高い要求水準を理解する腕利きが揃っています。設計の意図を汲み取ることができるので、安心して依頼することができます。

まずはイベントに参加してみよう!

ビルド・ワークスでは、顧客と完成させた家をすみずみまで見学できるイベントを開催しています。顧客の想いや、実現するために行った工夫など、さまざまな話が聞けるので、まずはイベントに参加してみるのがおすすめです。

完成見学会や個別相談会なども実施しているのでホームページで詳細をチェックしてみましょう。そのほか、雑誌掲載記事が無料でダウンロードできたり、ビルド・ワークスについてよく分かる資料の配布もしているので、依頼をする前の検討材料として活用してみてください。

BUILD WORKs(ビルドワークス)の画像

BUILD WORKs(ビルドワークス)

「100年後もこの町が誇る家を造る」をコンセプトに仕事を続ける住宅メーカー

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索

【京都市】注文住宅業者ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名アールプラスハウス左京積水ハウス一条工務店BUILD WORKs(ビルドワークス)garDEN(ガーデン)
特徴お客様の意向を汲み取るお客様ファーストな姿勢で安心感を提供する顧客の声に耳を傾けて低別自由設計で一人ひとりの夢をカタチにするダントツの住宅性能を目指し、日々上に向かって挑戦を続けていくこだわり「100年後もこの町が誇る家を造る」をコンセプトに仕事を続ける住宅メーカー京都の風土を活かした注文住宅・設計・造作を安心して依頼できる
詳細リンク